英才教育の意味

世の中には英才教育が存在します。
子どもの為?
自分の立場を守るため?
いろんな理由がありますが、何よりそれに取り組むのは子どもたち。

いかなる英才教育を受けようが、頑張るしかないという意気込みが必要になります。

英才教育と一言で言っても何をどうするのだろうか?
ふっと疑問も湧いてきますよね。

子どもの脳を伸ばす。
脳の活性化を促す。
そんな意味も含まれることだと思います。

何より、優れている部分を持たしてあげる。
その為にはそれを伸ばす必要性があるという事。

それを伸ばしてあげるためには、お金も必要ですが、子どもの時間も必要になります。

何かを犠牲にして、それに没頭。
1番の犠牲は遊びな気がしますけどね。

やっぱり厳しく指導でしょう。
英才教育と聞く限りは、ビシバシ教育って事。

優れている部分、そうでない部分ひっくるめて、出来ようができまいが、取りあえず教えこんでいくという事。

それが伸びたら希望の狙い。
そこで脱落したら、結構負担になるのかも。

子どもにとって、親にとって、いろんな意気込みが必要。

厳しい家系には英才教育も存在するのでしょうが、第一に子どもの事は考えてあげましょうね!

コメントは受け付けていません。